お知らせ

タービン(歯削る機器)、滅菌せず再使用7割の歯科医院!!

2014年5月18日の読売新聞によると、タービンを滅菌せず使い回している歯科医療機関が約7割に上る可能性のあることが、国立感染症研究所などの研究班の調査でわかったそうです。
当院では、タービンを滅菌する機械「DACユニバーサル」が設置されている松山市北条地区で唯一の歯科医院です。

ではなぜ、滅菌が必要なのでしょうか?

歯科治療では出血を伴うことがあります。
その際、使用した器具には血液が付着しますので、使用後の滅菌を徹底しないと、汚染された器具を他の患者さんに使用することになってしまい、院内感染を引き起こしてしまうかもしれません。
当院では、口に入れるものはすべて滅菌し、院内感染対策を徹底予防しています。
患者さんの目には見えないところでもこのような機械を導入し、徹底した衛生管理を心がけています。

Return Top