歯科金属アレルギー

金属アレルギーとは

金属アレルギーは金属がイオン化して溶け出し、体内のタンパク質と結合しアレルゲンとなることで生じます。
歯科治療用金属では一般的にニッケル、水銀、コバルト、パラジウム、クロムが問題となります。
アレルギーを起こしにくい金属として一般的に金、白金などが挙げられますが、金などでもアレルギーを発症するケースも見られます。

金属を使わないノンメタル治療

金属を使わないノンメタル治療では金属による審美障害、アレルギーの心配が少なくなりますので、心配のある方はお気軽にご相談ください。

治療前

治療前

治療後

治療後

ジルコニア治療前

治療前

治療後

Return Top